FXで必要な事はリスクマネジメント

FXは少ない資金でも大きな取引をする事が出来る投資です。

それを可能としているのがレバレッジです。
レバレッジを利用する事によって、用意した自己資金よりも大きな取引を可能としています。

ただ決してギャンブルではなく投資なので、欲を出して高レバレッジで取引をするのは気を付けなければいけません。



レバレッジが高くなるという事はリターンも大きくなりますが、その分リスクも高くなってしまうからです。

またFXは世界各国の市場で取引をする事が出来るので、24時間いつでも取引をする事が出来るというのが大きな特徴です。

しかしその反面、自分が寝ている時でも為替相場が変動してしまう可能性もあり、それによって損失が発生してしまう可能性も無いわけではありません。



そのため、FXを長く続ける為にはリスクマネジメントを予め行っておきます。


リスクマネジメントとはリスクの管理をする事で、この場合はどれだけ被害を大きくしないで済むのか、その為の準備をしておく事になります。

FXは大きな利益を得る事が出来る場合も有りますが、元本保証型の投資ではないのでもしかしたら自己資金がマイナスになってしまう可能性もあります。


その場合の損失を出来るだけ大きくしない為にも、ロスカット等を予め設定しておく事になります。



そうする事によって被害がドンドン拡大して行ってしまい自己資金が底をついてしまう事も防ぐ事が出来るので、結果的に長くFXを楽しむ事が出来るようになるのです。