FX最大の魅力であるレバレッジとは

FXでは、証券会社に口座を開設したら、その口座に証拠金と呼ばれるお金を預けることで、取引をすることができるようになりますが、FXでは預けた証拠金の数倍から数十倍の金額の取引をすることが可能となっています。

このシステムのことをレバレッジと呼び、FXの最大の魅力として活用されています。

レバレッジとは日本語では「てこの原理」を意味していて、少ない証拠金でも大きな金額の取引ができるという事になります。



例えば10万円の証拠金を預けていたとしても、レバレッジを10倍かけていれば、100万円分の金額を取引していることとなります。



ですので、もしもレバレッジをかけていない状態で1万円の利益が出ていた場合、10倍のレバレッジをかけていたなら10万円の利益が出ていた計算になります。
また日本では最大で25倍までレバレッジを活用することができますので、10万円なら250万円、100万円なら2500万円まで取引をすることができます。このことは、当然大きな利益を上げられることからFXのメリットとして挙げることができますが、利益が大きくなるという事は損失が大きくなる可能性もあるという事になります。
例えば10万円でレバレッジをかけていなければ最大の損失は10万円となりますが、10万円でレバレッジを25倍かけていた場合には、最大の損失は250万円となります。



そして万が一、証拠金を超える金額の損失が出てしまった場合には、いわゆる借金という形になりますので、その点をしっかりと理解した上で、リスク管理をしながら取引をするように心掛けてください。