FXは負け続けるほどに挽回が難しくなっていく

FXでは、預けた資金を証拠金として扱うことで、金融機関が提示したルールの範囲内で自由に取引ができます。

しかし、証拠金はポジションを決済した時点での確定損益によって変更されるため、損失を繰り返すとどんどん減っていくのです。



ポジションは枚数として管理されているので、大きな枚数で取引して負けると、1回でも小さな枚数しか取引できなくなるほどの損失を被ってしまいます。

このFX特有の問題を理解しておかないと資金が減り続けていく可能性が高いので、負け続けるほどに挽回が難しくなっていく点をよく肝に銘じておきましょう。


このデメリットを緩和するためには、あえて小さな枚数で取引をして損失を抑える方法や、損切りのラインを早めにしておく方法が有効です。



リスクが高いFXでは、ほぼ原資のままでも優秀な成績の部類ですが、そこで業を煮やして一気に大勝負に出てしまうパターンが多く見られます。

一発勝負では、仮に運良く勝てたとしても、危険な取引を何度も繰り返してしまって、いずれは大負けで終わってしまうので、やはり地道に自分がコントロールできる範囲で行うのが一番です。

数回の勝敗で一喜一憂しているうちは投資家とは言えないので、長期的な損益を軸とした冷静な取引をしなければいけません。



負けた時のショックをあまり引きずらず、早めに気持ちを切り替えていくことが、FXという投資運用では大切になります。


気軽に始められるので、少額でじっくりと取引を行い、十分に慣れてから枚数を増やしていくのが基本です。