FXはサラリーマンにむく投資

FXはサラリーマンにむく投資と言えます。
理由は、24時間世界のどこかで取引が行われているところです。



FXは株と違ってその国だけでの取引ではなく、グローバルなもので日本は夜でも、ニューヨークは朝なので取引を行っているのでいつでも参加できる点がサラリーマンに向く投資と言えます。



株と比較すると株式市場は日本では朝の9時から昼の3時まで行われますが、普通のサラリーマンであればその時間は仕事で株価をみている暇もないはずです。

仮に株価を見れたとしてこの時間帯で取引することが職務専念義務違反にもなりかねず、最悪は懲戒解雇にもなります。

日中に株の売買を行うだけで失業してしまうことはリスクが大きいのでやめたほうがいいですし、また仕事中に株取引しても集中できす冷静な判断はできないので損失が出る可能性もあります。それと比較してもFXは、仕事を終えた夜にも行っているのでじっくりと考えて投資できますし、海外の方が為替取引が盛んなので日本の夜は、欧米では昼でちょうど取引が盛んな時間帯なので動かない相場よりもいろいろな作戦を組んで投資できます。


そしてFXは、比較的低い金額からも始めることができ株であれば最低でも100万円ぐらい資金がないと難しいところが10万円からでも十分に始めることができます。



例えば1000通貨単位で取引すると保証金は米ドルでも4000円程度なので非常に低額ではじめることができます。


あとはその資金管理つまりは差し入れたお金に対して強制決済されない程度に小さい通貨単位で始めるとリスクの少ない投資ともいえます。