FXで勝率を上げる方法はあるのか?

FXでは、負ける人が9割を占めていると言われています。

ギャンブルでは、負ける人のお金が運営している会社の利益になるので、会社は負ける人のほうが多くなるようにゲームの内容を工夫しています。



FXは投資の一種ですが、ギャンブルのような側面もあります。

ギャンブルの一種であると考えるなら、運営者が敵であるという法則があてはまるでしょう。

少なくとも、FX業者が味方であるとは考えないほうがよいです。
運営している会社が敵であるなら、インターネット上で上がっている必勝法は役に立たないでしょう。そのような必勝法は、すぐに対策を立てられてしまうからです。

また、新しい必勝法を考え出しても、それが通用するのは最初だけです。

すぐに対策を考えられてしまいます。



ギャンブルでは、常に考え続けることが重要です。FXで勝つには、あえて人とは違う戦略を立ててみるというのも1つの手です。
人とは違う戦略を立てれば、少数派になることができます。



多数派が負けるなら、少数派になれば勝つことができるでしょう。


インターネットのサイトにのっている知識や、書籍に書かれている知識が全く意味のないものであるというわけではありません。

知識を身につけていなければ、自然と多数派がとっている行動をとってしまう可能性が高いでしょう。

知識を身につけていることで、あえて逆の戦略をとることができるようになるのです。

戦略の幅が広がるという意味で、知識は多いほうがよいです。